大阪市の借金問題,過払い金返還・請求は京阪神司法書士事務所へ
HOME>過払い請求

過払い請求

過払い請求ってなに

消費者金融などでお金を借りた場合、利息制限法という法律で決められた利息(下記参照)は

と、決まっていて、これを超える部分は無効となります。

しかし、現実には、出資法5条2項所定の年29.2%を超えない限り、刑事罰には問われないことから、この出資法に依る利息を求めてくる金融業者がたくさんいます。
このように利息制限法を超えるが出資法には違反しない範囲の利息をグレーゾーン金利といいます。
上記のグレーゾーン金利での利息を返済をしていた場合、利息を払い過ぎている事があります。
その「支払い過ぎた利息」を返還するように請求する事を、「過払い請求」といいます。例えば、100万円を借りた場合、出資法で計算すると1年で29.2%なので、29.2万円の利息を返済する事になります。しかし、利息制限法で計算すると年15%になりますので、15万円になります。
この差額(29.2万円-15万円)14.2万円が支払い過ぎた利息(過払い金)になるので、返還の請求が可能です。

 

 

過払い金が戻ってくる
受任通知を発送してもらうことにより、請求が止まる
自己破産や個人再生と異なり、必要書類はほとんどない
過払い請求する債務を選べるので、保証人のついたものを外すことも可能
官報には載らない

過払い請求の流れと費用

完済している方の場合は、過払金返還請求手続だけを受任させていただきます。まだ完済していらっしゃらない方は、債務整理の手続も同時に受任させていただきます。まずは私どもの方で受任通知を各貸金業者に対して送らせていただき、あなたに対する取立てを止めた上で、これまでの借入履歴を開示してもらうよう依頼します。

利息の払い過ぎ(つまり過払い)があると分かった場合、その金額がどの程度なのか、私どもの方で正しい利息(法定利息)に引き直して計算をさせてたいだきま す。これにより、本来あるべき返済額と、あなたが返し過ぎてきた利息との差額が出ます。この過払金を取り戻す請求をしていくわけです。

貸金業者に対し、過払金を回収すべく和解案を提示します。全国対応の事務所においては、総額の8割か9割で妥協して、和解してしまうケースが多いようですが、当事務所では、過払い金元本+利息5パーセントの回収を実現すべく交渉しております。(ただし、金融業者が破産、民事再生、清算状態、廃業する場合などは除く)

上記の交渉を貸金業者が認めれば、和解の成立ということで、過払金返還を受けます。もし、交渉が決裂した場合は、過払金返還訴訟へと移行します。訴訟だから と言って、面倒がらない姿勢が重要です。判決は方向性がある程度決まっている上、最終的には和解に至るケースが大半です。

過払金を清算します。確実に過払金が発生すると事前に分かった場合、当事務所の報酬は過払い金から頂きます。その場合、1社9,000円+実費と成功報酬(取り戻した金額の20%)の合計となっております。