大阪市の借金問題,過払い金返還・請求は京阪神司法書士事務所へ
HOME>ブラックリストに入ったら

ブラックリストに入ったら

ブラックリストとは

実は、ブラックリストというリストは存在しません。
一般的にブラックリストと呼ばれているものの正体は、実は「個人信用情報機関の事故情報」なのです。

クレジットカードを作ったりローンを組んだ場合、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。
しかし、ある一定期間返済が滞ったり破産が生じた場合、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報ともいいます)」として登録されてしまいます。これを通称「ブラック情報」、俗的に「ブラックリスト」と呼んでいます。

「事故情報」=「ブラック情報」=「ブラックリスト」

このように、実際には「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、「事故情報」として登録されている状況を「ブラックに載っている」と表現しています。

ブラックリストが及ぼす影響

ブラックリストのデメリットですが、それは新規でお金を借りることができなくなることです。
消費者金融やクレジットカード、銀行それに住宅ローンや車のローンも借りることができません。

賃貸住宅で最近はクレジットカードを作ら家賃を引落としするケースが増えていますが、カードを作る際に申し込みで駄目なケースもあります。

お金を借りなければ、デメリットはほとんど無いです。
ブラックリストのデメリットはこのくらいです。

戸籍や住民票のような公的な書類には載りませんし無関係です。
また登録されてから5?7年間、キャッシングはもちろんクレジットカードを新しく作成したり、ローンを組むこともできなくなります。ブラックリストに掲載されないように、支払期限をしっかり守るようにしましょう。